2017年10月9日

お金持ちになったら幸せになるとは限らない。転職して年収アップした私が失ったもの



こんにちは、アラサーOLのももこです。

転職して年収520万から約200万アップの、年収750万円になりました(*´з`)
世にいう、キャリアウーマンまっしぐらです。
アラサーOL 初めての資産運用とお金の話: 所得税が7.5倍に増えてゲッソリ(´・ω・`)転職は給料アップの最短ルートか?
職種は変わらないものの、業務内容の専門性は高まり、自分自身のキャリアアップも見込めます。
年収もあがって、キャリアもあげられるなんて、最高の転職をしたと自画自賛です(*´ω`*)

年収500万円台でも十分幸せな生活を送っていましたが、年収700万円なんて相当先の話だと思っていたので、お金持ちのイメージがあり、すごく幸せな生活なんだろうなぁーと思っていました。

しかし、実際手に入れてみて、私が感じたこと、違ったことがありました。


年収が上がると見えない労働時間が増えた

前職と現職の勤務労働時間はほぼ変わらず、月の残業時間は前職同様10時間前後ぐらいです。

昔は30時間ぐらいの残業を定常的にしていたこともあったので、月10時間なんて超少ない!と感じてしまいますが、残業は少ないに越したことはないと思っています。

なぜならば、人生は一度きりですから、残業はせずに家で食事を楽しんだり、友達と飲みに行く時間を過ごしたほうが人生はより豊かになるのではないかなぁと思っているからです。

とはいえ、業務多忙による残業ならまだしも、生活残業を続ける人って世の中には少なからずいるので、残業=正義という雰囲気を作り出す人には近寄らないようにして巻き込まれないようにしています。
これは無駄な残業をしないコツのひとつかもしれません。

残業は月10時間程度なので、一日あたり30分程度、ほぼ誤差の範囲です。
それはそれでいいのですが、実は勤務時間に含まれない労働時間というのが転職してから増えました。

それは、夜の会食です。

会食もただ飲み食いしているわけではなく、会社同士の関係を築く立派な仕事なはずですが、これは勤務時間に含まれません。

年収が上がったことで、立場も上がり、会食の席へお誘いいただくことが増えました。
週の半分以上は会食で夜遅くなってしまい、終電までには帰るようにしていますが、大体は夫が寝た後に帰宅です。

夫の寝顔を見ながら、心の中でごめんね・・・と泣いています。

ビジネス会食が週の半分以上を占め、残りは会社の飲み会に消え、プライベートの飲み会は週に一度入れられたら良いほう・・・というスケジュール。
これが平日毎日続いていたらどうでしょうか?

夫との会話は出勤前の朝にちょっと話すだけで、コミュニケーション不足になり喧嘩の火種ができ、週末は疲れきって朝寝坊。
こんなんじゃ、愛想付かされてしまいます。


年収上がったから幸せになるとは限らない

年収200万円台のころ、月のお給料が数千円あがっただけで大喜びでした。

当時は年収500万円なんて、
もらえたら最高だろうなぁー
ステーキとかケーキ食べ放題なんだろうなぁー
幸せなんだろうなぁーいいなぁー

と思っていた世界なのに、いざ年収500万円になったら、全然贅沢できないじゃないかっ!(;´・ω・)
ってびっくりしたもんです。

年収500万円から年収700万円は、確かに手取りのお給料が増えて多少贅沢できますが、その分税金をがっぽり持っていかれるので、思ったほど手取りが増えないなぁという感じです。

もし今仮に、年収800万円にしてあげるから仕事もっと頑張ってね♪(*´з`)
って言われても、
結構ですー(´・ω・`)って言っちゃいそう。

それに、それなりの立場になるとご馳走したり奢る機会が増えて手取りアップの分ほかで消えてんじゃないか?って感じだし、見えない労働時間を考えると、実際の時給換算をしたら手取りは減っているんじゃないかとも思うのです。

これまではジーパン・Tシャツで仕事できていたのに、スーツでビシーッとキメなきゃいけないことも増えて、被服費も増えてるし。

なによりも、夫との時間が減っている。これって幸せなことじゃないよね?


年収アップと幸福感は比例しない

年収300万円ぐらいのとき、夫とスタバでコーヒーを買って飲む時間がこの上なく幸せでした。

コーヒー一杯を買うのにも躊躇していたぐらい、手取りのお給料が少なかったんですね。
でも、コーヒー一杯買って飲むだけで、すっごく贅沢感があったわけです。

年収750万円のわたしが今なにを贅沢と感じるかというと、何もしない時間です。

先日、一泊最低4万円以上する箱根の高級ホテルへ夫と宿泊したのですが、高級な食事を食べることではなく、高級感のある温泉に入ることではなく、一番贅沢だなぁーと感じたのは、時間に追われることなく予定も立てずにただただ森を眺めている時間でした。

夫婦ともにアクティブ派なので、土日の予定はぎっしり詰め込んじゃうタイプなのですが、ボーっとする時間ってほとんどなくて、ふいにボーっとする時間が贅沢なんですね。


先日、池上彰さんがたとえ話で解説していたのですが、マカロン1個目、2個目はすごく美味しい!って幸福感を感じるけど、10個目からはそんなにありがたみがないと。

年収でいうと、300万から350万へアップはすっごくうれしい。でも、年収500万から700万はそんなに幸福感を感じない・・・そういうことなのかなぁと。

会社や上司からの期待があると、どうしても頑張ってしまう性格ですが、これ以上うえの世界を目指したときに、失うものは時間であることは間違いないと確信しています。

わたしがほしいものはお金ではなく、家族との幸せです。
幸せのためにはお金が必要ではありますが、過剰にある必要はないですね。

キャリアアップもしたい、家族と幸せに暮らしたい。
このふたつを叶えることって、実はすっごく難しいことなんですね(´・ω・`)

今後の私の目標は、上記のことを鑑み、時間を失うことなく、お給料もあがって、家族と幸せになれるような働き方を探していきたいです(*'ω'*)


わたしの年収についての記事はこちら
アラサーOL 初めての資産運用とお金の話: アラサーOLの年収を公開