2017年7月14日

絶対外さない結婚祝いのプレゼント。もらって嬉しかったものベスト3!



こんにちは、アラサーOLのももこです。

先日、アラサー仲間から婚約のご報告がありました!身近な人が幸せになる報告ほど、嬉しいものはないです。

嬉しすぎて、かつて私が頂いたお祝いやプレゼントの中で一番うれしかったものを思い出しながら購入し、プレゼントしました。

ふと、私何頂いたかな・・・と頂いたプレゼントを思い出すうちに、あれは嬉しかったなーとか、あれはちょっと・・・と吹き出すプレゼントを思い出しました。

いや、頂いたものは全て嬉しいのですが、中には『これはちょっと・・・(^_^;)』と、本人には言えないけど心の中でひっそり思っているものがあったので、これから結婚祝いをプレゼントする方に向けて、私が実際に頂いて嬉しかった結婚祝いBEST3と、ちょっと嬉しくなかったものを番外編でご紹介したいと思います。




第1位 カタログギフト

私が結婚祝いで一番嬉しかったプレゼント第1位は、カタログギフトでした。これは誰もが喜ぶものかもしれませんね。

私が頂いたカタログギフトは、ILLUMS(イルムス)という北欧ブランドのおしゃれな雑貨や生活用品が多数掲載されているものでした。

価格帯は、3,600円~30,900円まで幅広いので、出産祝いでも使えそうなカタログギフトです。

新生活に必要そうなものが揃っていたので、我が家はILLUMSの鍋・包丁セットを注文させて頂きました!

お互い独身時代は一人暮らしをしていたので、大体のものはそろっている状態でしたが、鍋だけはサイズが小さいものしかなかったのと、包丁も百均で購入したものをしか持っていなかったので切りづらく、ちゃんとした包丁が1本はあったほうがいいよねーってことで、鍋と包丁のセットを選びました。

結婚して数年経ちましたが、どちらもまだまだ現役で、大事に使わせて頂いています!


第2位 SOW EXPERIENCEの体験ギフト

頂いて嬉しかった結婚祝い第2位は、SOW EXPERIENCEの体験ギフトです。

『モノではなく、体験を贈ろう』をコンセプトとした体験型のカタログギフトです。カタログを見て頂くとわかるのですが、ほとんどが二人で体験できるものばかりで、例えば、

  • トレッキング
  • カヌー・カヤック
  • 陶芸
  • メモリアルフォト
  • スパ・マッサージ

みたいなものが選べます。

体験場所は日本全国いろんな箇所でやっているので、新婚旅行のついでに何かを体験して帰るという使い方もできるし、有効期限は1年間なので、1年後の結婚記念日にコースランチに二人で行く、みたいな使い方もできるので、私も頂いてとっても嬉しかったです!

私たちは、渓流下りを体験しましたが、SOW EXPERIENCEの体験ギフトを頂かなければ、プライベートで渓流下りに行こう!なんて話や発想に至らないので、とてもいい体験ができたなぁーと思います。

価格は、10,500円、20,500円、30,500円の三種類です。(税別)


第3位 高級シャンパン・ドンペリニヨン


頂いて嬉しかった結婚祝い第3位は、高級シャンパンのドンベリニヨンです。

何年ものだったかは忘れてしまいましたが、確かお店で買うと2~3万で、お店で飲むと7万ぐらいはするぐらいのグレードだった記憶があります。

お店でもそうですが、そもそもドンペリなんて飲む機会が一度もなかったし、数万円もするお酒なんて買ったことがなかったので、それこそ一生に一度しか味わえないお味でした。

我が家は二人ともお酒が好きだからシャンパンをプレゼントしてくれたんだろうなーと思いますが、お酒好きじゃないカップルには不向きなプレゼントかもしれません。

ちなみに、ドンペリ1本を二人で飲みきろうと思ったのですが、泡がすごくて、すぐにお腹がパンパンになり、かと言って余った分を捨てるのはもったいなかったので、普段使っているシャンパン用の蓋を付けて冷蔵庫に置いておいたところ、夜中にボフッ!!!と、何かが冷蔵庫の中で爆発する音が聞こえて、見てみたらドンペリが爆発していました(笑)

それぐらいドンペリの泡が強烈なんですよねー。


番外編。結婚祝いでちょっと残念だったプレゼント


プレゼントを頂いておいて残念だったという言い方は大変失礼ではあることは重々承知しています。

だって、プレゼントする側は『絶対に喜んでくれる!』と思って選んでくれたプレゼントなのですから、まさかガッカリされるものなんてプレゼントするはずないのです。

でも、これからプレゼントする人の中で、こういう風に思う人もいるんだー、っていう程度で参考にしていただけたらいいかなぁと思います。


残念だったプレゼントその1 夫婦箸


箸って、縁起物らしく、夫婦箸で検索すると結構な種類と幅広い価格帯で販売されています。

夫婦箸をなんと別々の方からプレゼントして頂いて、一時期夫婦箸がたくさんあったのですが、箸はさすがに二人とも既に持っているケースが多いかと思います。

それに、高級なお箸って、結構デリケート(^_^;)
食洗機でわしゃわしゃ洗ってたら、ある日ポキッと折れてしまいました(笑)
逆に、縁起わるーっ!って感じでした。

同じく、スプーンやフォーク類も、生活必需品過ぎて、わざわざ頂くものではないかなーと思いました。


残念だったプレゼントその2 本


これが実は一番残念だったんじゃないかって思うぐらい、忘れられない一品です。
しかもプレゼントの主は、わが父(笑)

母からは、大事にしていたパールネックレスをプレゼントしてくれたので嬉しかったのですが、なぜか父からは『本』でした・・・。

今ではその本のタイトルさえ思い出せないのですが、実はその本、父が職場の方へプレゼントした時に余ったやつだったらしいので、なおさら、残念感がありました。。。

職場の方も、本をプレゼントされるなんて、相当な本好きな人を除けば大体の方は残念だったかと思います(-_-;)


いかがでしたでしょうか?

上記で紹介した以外にも嬉しかったプレゼントはたくさんあって、例えば熊野筆とか、オーパスワンとか嬉しかったなー。自分では絶対に買わないけど、あったら嬉しいです。

たぶん、この自分では絶対に買わないけど、あったら嬉しいっていう視点がすごく大事で、その人の趣味嗜好を知らないと選べませんが、逆にそれを考えてくれてドンピシャなプレゼントをされたとき、最高に感動します!

極論、やはり現金やギフト券が一番何にでもなるので嬉しいですが、自分の趣味嗜好を考えて選んでくれたプレゼントは、それ以上に嬉しいものです。

これからプレゼント選びをする方は、頑張ってリサーチしてみてください!!