2017年7月5日

夫婦喧嘩が原因でまさかの予算未達!年収500万円台、アラサーDINKSの家計簿2017年6月





こんにちは、アラサーOLのももこです。

7月で今働いている会社の退職が決まり、引き継ぎやら送別会やら何やらで、平日夜の自由時間が奪われ、ブログを書く余裕が皆無でありました(´・ω・`)

早く有休消化期間に入って、書きたいネタをどんどん執筆したいです。

では、6月の家計簿サマリーです。



家族構成・世帯年収


我が家は、夫と私の二人で、いわゆるDINKSです。

夫婦共働きなので、子供がいない間にたくさんお金を貯めて、思い残すことなく遊びつくしたいと思っています。

世帯年収ですが、夫がいくらもらっているのか知らないので正確にはわからないのですが、おそらく、夫の年収は550万円〜600万円ぐらい。私の年収は550万円ぐらいなので、世帯年収1100万円前後のレンジかと思います。

8月からは、私の転職により、世帯年収はもう少し上がる見込みです。


我が家の家計管理方法


DINKSの家計管理方法って人それぞれいろんなやり方があるかと思いますが、我が家は夫婦別財布制度を採用しています。

以下の項目を割り勘(折半)でお互いに支払っています。

  • 住宅・駐車場費
  • 光熱費
  • 食費

食費は、スーパーでの支払いをどちらか一方が済ませ、後で片方へ請求する形をとっています。外食するときは、自分が食べた分を支払います。


2017年6月支出

※下記家計簿は私の支出のみで、夫支出分は一切含まれておりません。家賃・光熱費・食費はすべて折半後の金額です。

【固定費】73,487円
(内訳)
家賃(駐車場代込み) 60,800円
電気 3,227円
ガス 1,820円
水道 0円
通信費 2,220円
保険料 5,420円

【貯蓄】64,000円
(内訳)
確定拠出年金 7,000円
NISA 57,000円

【流動費】170,215円
(内訳)
食費(外食費込) 38,081円
交際費 22,162円
雑費 11,438円
趣味・娯楽費 6,330円
交通費 2,032円
医療費 56,640円
美容費 24,492円
大型出費 9,040円

------------------------------
計 307,702円 ▲19,990円)


固定費 73,487円

今月も7万円台で着地でした。水道代が二ヶ月に一度の請求で、6月は請求がなかった分、先月よりも固定費が約3,000円ほど下がりました。

そして、7月の電気代の検針からニフティ電気になったので、どれくらい電気代が下がるのか楽しみです!(*´꒳`*)


貯蓄 64,000円

先月は10万円以上も貯蓄に回せましたが、6月は医療費と夫婦喧嘩が要因で、通常通りの投資・貯蓄しかできませんでした。医療費は計画内だったのですが、夫婦喧嘩までは読めず・・・

夫婦喧嘩が要因で貯蓄できなかった理由は後ほど述べます。


流動費 170,215円

6月の変動費は、医療費の56,640円が大きかったです。こればかりはケチることができないので、支出は仕方がありません。

さらには、夫の理不尽な要求により、私が転職するのにも関わらず、なぜか私から夫への転職祝いのプレゼントを要求され、夫婦喧嘩へ発展しました。

夫婦喧嘩が面倒になった私は渋々プレゼントを購入した結果、予算比を大幅にオーバー。予算比マイナス約2万円の赤字です。

事の発端は、前回の私の転職時に、転職祝いで夫から私へ高級酒をプレゼントしてもらったことなのですが、夫は、自分が前回あげたのだから、今回は私があげる番だろ?的な感じで、プレゼントを要求してきました。

それって、そもそもプレゼントじゃないんじゃ。。子供のクリスマス会のプレゼント交換じゃないんだからさーと、拒否したのですが、自分の考えは曲げない夫なので、もう面倒くさくなってお金で解決できるならと同じ高級酒プラスαをあげました

見返りを求めてプレゼントをするぐらいなら、プレゼントしないでくれ!( *`ω´)

プレゼントで揉めるのはもう懲り懲りなので、クリスマスも誕生日プレゼントも廃止したいと思っています。

金にがめつい女は嫌いだと言われましたが、見返りを求める女々しい男は嫌いだな。離婚したい気持ちがふつふつと湧いて来ています。冗談ですが。


まとめ

夫婦喧嘩が要因で予算オーバーということ以外は、通常通りの予算内でやりくりできたので良かったです。

以前、ブロガー仲間のあきんこさんのブログで夫婦仲良いことが一番幸せな節約法という記事を書いていましたが、改めて夫婦仲良しが一番の節約だなぁと、改めて思いました。