2016年2月9日

Sony Bank WALLETを海外で使ってみた!



こんにちは、アラサーOLのももこです。

ソニー銀行のキャッシュカードをSony Bank WALLETに切り替えて、外貨(ドル)を買い、さぁ~あとは海外で使うのみ!
という状況だったので、早速海外へ行きSony Bank WALLETを使ってみましたのでレビューします。



Sony Bank WALLETの使い先はグアムに決定!

 
毎年この時期になると、大手に勤めているお友達から連絡がきます。

お友達:「2月か3月あたりにちょっとした海外旅行とか国内旅行に行けない?」と。

なぜこの時期かというと、大手の場合(に限らずなのかな?)3月までに年度内分の有給消化を促されているようです。また、会社によっては数年で消滅してしまう有給を使うために、この時期に有給消化のための旅行のお誘いを受けます。

とはいえ、年度末は仕事が忙しくなるため、土日や祝日を含めた日程にする必要があり、フライトが長いヨーロッパやオーストラリア、日付変更線をまたぐハワイなどの国には行けそうにありません。

となると、フライトが短い国・場所が旅行の候補先になるわけで、フライト3~4時間で検索すると、国内だと沖縄・北海道、海外だと韓国・台湾・香港・マカオ・グアム・サイパンとなり、色々悩んだ結果、日本は寒いから暖かい国に行きたいよね~・・・といことで、グアムとなりました。

旅行のエージェントは、てるみくらぶです。
直前に予約したにも関わらず、JTBやHISと比べてお手頃のお値段でした。さすが、安定の低価格旅行を提供してくれる会社です。
※2017年3月27日に、てるみくらぶは破産しました。
 
外部リンク yahooニュース:格安海外旅行業者の(株)てるみくらぶが破産


ABCストアでSony Bank WALLETを使ってみた!

 
Sony Bank WALLETのなかに250ドルを入れていたので、食事やアクティビティはSony Bank WALLETで支払う前提で、キャッシュ(現金)は日本円で5千円分しか換金しませんでした。

グアムに到着した後、乗り合いバスでホテルまで送ってもらい、のどが渇いた~あれやこれや欲しい~という話になり、グアムでは鉄板のコンビニ「ABCストア」に行きました。グアムなら繁華街に何店舗かあります。

そこで飲み物や食べ物を手に取り、レジへ行き、お会計が10ドル程度だったのですが、ここぞとばかりに早速Sony Bank WALLETを使ってみました!

会計時、Sony Bank WALLETをお店の人に渡そうとすると、レジ前にスキャン機能付タッチパネルが置いてあり、これでカードをスキャンしろというようジェスチャーをされました。

おお、セルフなのね!

Sony Bank WALLETのカードの向きをちゃんと確認してからスキャンしたら、こんな表示が出ました。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • (あともう1つ書いてありましたが忘れました)


えー!!
ソニー銀行の案内では、クレジットカードと同様にカードを渡すだけって書いてあったのに、まさかこんな選択しなきゃならないなんて・・・・

しかも、このカードってデビットカードだからデビットカードを押すの?それとも、クレジットカード?
と色々悩んだ末、これはデビットカードなのだからデビットカードを押しました

すると店員さんが、「One more!」
といい、英語で「エラーだわ。たまにこんなことあるのよ、機械がおかしいのよ~」みたいなことを言ったので、再度スキャンし、さきほどの3つの選択肢がまたでました。

もしかするとデビットカードという選択肢が良くなかったのかと思い、今度はクレジットカードを押しました。結果、無事に決済され、速攻で決済メールが届きました。

決済メールには、

  • 確定日(利用した決済が確定した日)
  • ご利用金額

が書かれていましたが、利用店名までは書かれていませんでした。

お店が混雑していなかったので、私も慌てることなく今回は対応できましたが、クレジットカードなのかデビットカードなのかを選択する場面が出ることを想定したFAQがあっても良いかもしれませんね。


↓後日、ソニー銀行のブログで、Debitではなく、Creditを選ぼうというコラムがアップされていました!


外部リンク ソニー銀行ブログ:<ハワイシリーズ> Sony Bank WALLET レジでの注意点


ココパームガーデンビーチでSony Bank WALLETを使ってみたけど、大変だった!



なにはともあれ、無事にSony Bank WALLETで決済出来た後、グアムのきれいな海が見たい!
ということになり、プライベートビーチで遊べるココパームガーデンビーチのツアーへ行きました。

事前にココパームガーデンビーチの利用料金54ドルの支払方法はチェックしていたので、ここでもSony Bank WALLETで支払うつもりでツアーへ参加しました。

ココパームガーデンビーチに到着後、受付で54ドルを支払おうと、Sony Bank WALLETを店員さんへ手渡したところ、物凄く困った顔をされ、他のカードはないか?と聞かれました

正直、クレジットカードは持っていたのですが、ここ最近のドルは動きが激しかったのと、クレジットカードを使うと手数料を取られるため使いたくなく、持っていないと言いました。(ごめんなさい、ウソついて・・・)

すると店員さんは「このカードは、表面がデコボコしていないから複写ができなくて、手書きで書いちゃうと銀行から問い合わせがきたりして、審査がとても厳しいんだ」と言うのです。

確かにSony Bank WALLETのカード番号や氏名、年月などの表示が通常のクレジットカードと違い、凹凸がありません。最近のカードはどこもそうなんですけどねぇ。

ココパームガーデンビーチは、グアムの中でもかなり田舎の場所にあるので、クレジットの即時決済ができるインターネットまたは回線が来ておらず、とても原始的な方法でクレジットカード決済をします。そういうわけで、凹凸がないとクレジットカード決済できないというのです!

でも、銀行から問い合わせがきたり、審査が厳しいだけ=ココパームガーデンビーチのスタッフが頑張ってくれればいいよね

という、とても迷惑な考え方により、Sony Bank WALLETで無理やり決済してもらいました。
ココパームガーデンビーチのスタッフの方、ごめんなさいね。。。


ココパームガーデンビーチみたいなアナログなクレジット決済はあまり見かけないので、そうそうこういった状況にはならないと思いますが、ご参考までに。

今回のグアム旅行でのSony Bank WALLET支払いは、ABCストアやココパームガーデンビーチの他にレストランでも使いましたが、クレジットカードと同様の使い方だったので困ったことは特にありませんでした。

むしろ、結局大きい買い物をすることになりクレジットカードを使ってしまったので、もうちょっとドルを外貨口座に入れておけば良かったなぁと後悔した位です。

以上がSony Bank WALLETのレビューです。

関連記事