2015年12月19日

確定拠出年金運用報告@2015年12月15ヶ月目報告

こんにちは、働くアラサーOLのももこです。

確定拠出年金を始めてから1年3ヶ月が経過しました。
3ヶ月前までは損益がマイナス2万円以上を超えていたので、ちょっと心配になっていましたが、山場は越えたようで、損益はまだまだマイナスですがマシになってきました。




個人型確定拠出年金運用報告@2015年12月


毎月の掛け金は上限額の23,000円です。
掛け金の配分は、

  • SBI TOPIX100・インデックスファンド〈DC〉:40%(9,200円)
  • EXE-i 先進国株式ファンド:40%(9,200円)
  • EXE-i 新興国株式ファンド:10%(2,300円)
  • EXE-i 先進国債券ファンド:10%(2,300円)

です。

2015年12月の損益状況がこちら。


損益はマイナスの-14,333円です。

足を引っ張っていた新興国株式の損益率の幅がだいぶ小さくなってきました。

まぁでも、60歳までは引き出せないわけですし、あと20年以上も積み立てるわけですから、このぐらいの損益でガクッと気を落とすことはないと思っています。

関連記事

2015年12月16日

独身アラサー女必読本?たられば娘。

こんにちは、働くアラサーOLのももこです。

最近気づいたのですが、アラサーって言葉は10年間しか使えないんですね。
もちろん、35歳を超えたらアラサーではなくアラフォーの世界。

ここのブログタイトルどーしよう?(笑)

まぁそれは追々考えるとしてですね、私のお友達もアラサーなんですね、当然。

そのアラサー友達から是非読んでみてってすすめられた本が「東京たられば娘」というマンガ。

読むまでは「たられば」の意味が分からず、とりあえずすすめられたし、読んでみるかと気軽な気持ちで読んだのですが。。。

なんともリアルな本です。



王子様不在の現実

私たちアラサーの幼少時代は「リボン」や「なかよし」全盛期で、アニメは「セーラームーン」からはじまり、それこそマンガの単行本は「天使なんかじゃない」や「花より男子」が流行りました。

そこにはみな当然のごとく憧れの「王子様」がいました。

それを見て育った私たちは、

「きっと高校生になったらかっこいい同級生とか先輩がいて、きゅんきゅんするような恋愛するんだろうな~」

とか

「きっと大学生になったら、アルバイト先で運命の出会いとか、テニスサークル(←お決まり)で先輩に告られたりするのかな~」

とか

「OLになったら、会社の同僚と結婚して子供ができて、幸せな生活をおくれるのかな~」

なんて、そりゃあ夢見ましたよ。何度も、何度もね。

でも、王子様なんてね、特にマンガに出てくるような王子様なんて、

でてきゃーーしない!(笑)


そう、王子様不在の現実の中、私たちは生きている。

それをリアルに描いたのが、「東京たられば娘」。

「たられば」の意味は、是非読んで頂ければわかるかと思いますが、独身アラサー女性もしくはアラサー以上の独身女性が見ると、かなりグサグサくる内容なので、弱っているときには読まない方が良いです。

結婚している私ですら、グサグサきましたから。

一方で、男性側から見ると面白いそうです。
「女ってこんなこと考えているのか!?」
というヒントさえ得られるそう(笑)

頑張って働いてお金稼いで、仕事に自信があって、あとは結婚だけ!
というアラサー女性には、どストレートな表現が多すぎるので、読んだ後は気を落とさないでくださいね・・・・

2015年12月13日

給料アップしたので、ふるさと納税しました。

こんにちは、働くアラサーOLももこです。

2015年は前年より100万円近く給与所得が上がったので、2016年の住民税アップに備えてふるさと納税をしました!

住民税は1年遅れて請求が来るので、今は良くても翌年の6月ごろの給与明細や住民税決定通知書を見て、冷や汗をかいてしまうことも。。。

そんなのは御免なので、しっかり備えます。





住民税を減らしたければ、確定拠出年金とこれだ!


そう、ふるさと納税で!!

ふるさと納税といっても、地方自治体の数だけ色々あります。

お肉やお米、特産品など色々です。
長野県飯田市のマウスコンピュータ製品は、ノートPCなどが貰えて、実用的には良いなーと思ったのですが、OSやOffice込みだと年収1000万円近くないと、タダの寄付になっちゃいます(笑)

年収600万円そこそこの私では、とてもとてもお支払いできる額ではない。

だけど、転売して利益が出れば。。。 ※転売は基本禁止されています。

とも思いましたが、そんな大きな賭けに出るほど大金持ちじゃないし、年収600万円に合った納税額のものにすることに。

さて、何にしたのかと言うと、ずばり「1泊2日の温泉旅行」です!

正直、ふるさと納税で欲しいものなんかないし、欲しいものは買えます。

だったら、思い出作りになるようなものを!
と思い、1泊2日の温泉旅行ペアチケットにしました。

当初は主人と行こうかと思ってましたが、自由気ままに暮らしている両親にプレゼントすることにしました。

親孝行はできるうちに、、、ですね。

ちなみに、ふるさと納税を選ぶ際に参考にしたのは、「さとふる」というふるさと納税代行業者のウェブサイトです。

結構広告出しているので怪しさ満点でしたが、意外と普通のサイトでした。

関連記事

2015年12月8日

個人型確定拠出年金のはじめかた。手数料編

こんにちは、働くアラサーOLのももこです。

日経新聞を読んでいると、2週間に一度は必ず目にする「確定拠出年金」というワード。

日経新聞では毎週水曜日マネーに関する記事を2ページ分を使って掲載しています。

マネーに関することなので、クレジットカードや住宅ローンの借り換え、ETFって何?みたいな、ゆるめなマネーネタが多いので、投資初心者でも読みやすいです。
私も毎週欠かさず水曜日だけはチェックしています。

確定拠出年金も例に漏れず、マネーネタのひとつとして特集されますが、じゃあ実際どこでやればいいんだよ!って、当時の私は思っていたので、運用先金融機関を選ぶ基準となる「手数料」についてご紹介しようかと思います。



手数料を侮るな!

個人型確定拠出年金をはじめるにあたり、初期費用とは別に毎月毎月かかる月額費用=手数料があります。

手数料単体で見ると、100円台〜500円前後とそんなに大差ないように見えますが、実際は毎月かかるわけで、年間で考えると4000円以上も差が開き、それが10年だと4万円!

あなたが30歳だとして、給付を受ける60歳までの29年間で11万以上!

手数料は侮っちゃいけません。
手数料は安ければ安いほど良いです。

かといって、全金融機関の手数料を自分で調べるのは無理なので、「個人型確定拠出年金ナビ」などの便利なサイトを活用しましょう。


「個人型確定拠出年金ナビ」で手数料を調べ、手数料が安いトップ3まで絞れば、あとは金融機関ごとに資料請求をして、どんな商品があるのかを調べると良いです。

必ず資料請求してくださいね。
どんなにネットで探しても詳しくは載ってませんから。

2015年12月4日

2015年の資産整理

こんにちは、働くアラサーOLももこです。

だいぶ久々の投稿になってしまいました。

仕事が忙しかったのと、プライベートでは旅行と飲み会が続き、休日も休日ではなかったような気がします。

今年も残り1ヶ月を切ったので、2015年の資産を整理中です。




株を全て売却!

日本株の運用益が約50万円プラスになったので、一旦全て売却することにしました。
あまり欲張っても仕方ないですし、5年で+50万円なので、まぁ悪くはないかなぁと。
最終的には投資額約150万円が約200万円になりました。


メインバンクを新生銀行へ切り替え!

普段使いの銀行口座は住信SBIネット銀行を使っていましたが、2016年2月から利用状況に応じて、コンビニATMでの手数料や振込手数料の無料枠が変わるため、コンビニATM手数料無料の新生銀行へ切り替えました。

しかも、新生銀行はTポイントと提携しているので、コンビニATMで引き出したり、ネットで振り込みをするとTポイントが貯まります。

とは言え、SBI証券のNISAで積み立てている投資信託分のお金は、住信SBIネット銀行からSBI証券への振り込み手数料無料・即時決済なので、メインバンクではなくなるものの、30万円ほどはハイブリッド口座に残します。


積み立て預金は、ソニー銀行で継続

積み立て預金は、ソニー銀行で毎月3万円ずつコツコツと積み立てています。
手取り25万円のうち、月6万円は貯蓄にまわすルールなので、そのうちの半分は非リスク資産、もう半分はリスク資産にしています。


投資は確定拠出年金とNISAを併用

リスク資産は、個人型確定拠出年金とNISAを併用しています。
非リスク資産は月3万円分を投資できるので、確定拠出年金の最大拠出額2万3千円を、残りの7千円をNISAで積み立てています。

個人型確定拠出年金:23,000円
NISA(SBI証券):7,000円


定期預金は新生銀行で

株の売却で、現金が200万円ほど手に入りました。
100万円分を6ヶ月の定期預金に入れました。

新生銀行で口座を開設して3ヶ月以内だと、6ヶ月ものの定期預金の利率が0,5%に!(税引き後は0,3%ぐらい)

6ヶ月以内に100万円を必要とすることはないので、とりあえず定期預金へ。

6ヶ月後の2016年6月1日に自動解約になるので、その時に全体のポートフォリオバランスを見て投資にまわすのか、定期預金に入れるのか考えたいと思います。


残りの現金100万円の行方は?

じゃあ残りの100万円はどうすんだって話ですよね(笑)

とりあえず、20万円は旅行やパソコンの入れ替え、親孝行に使おうと思います。
残りの80万円は未定です。。。

学生時代の国民年金を支払うのが有力候補ですが、たかだか20〜30万円だと思うので、本当の残りは50万円ですね。

NISA口座枠が2016年に100万円から120万へUPするので、50万円分を投資にまわすかなぁ?